万延元年遣米使節団ワシントン到着記念石碑銘板建立、除幕式開催

日米修好通商条約批准書交換のため1860年に徳川幕府が米国ワシントンに派遣した万延元年遣米使節団は太平洋、パナマ運河経由でワシントン海軍工廠の埠頭に1860年5月14日に到着しました。日米外交の本格的な幕開けになる歴史的事実を永く後世に伝えるべく当会はその記念石碑、銘板建立を日米親善行事の一環として計画し、米国関係政府機関と折衝を行ってまいりました。此の度ワシントンの海軍工廠内にあるウイラード公園内に記念石碑、銘板設置の許可が米国海軍によって承認されました。

2016年5月13日、記念石碑、銘板がワシントン海軍工廠ウイラード公園内に建立、その除幕式が行われました。この式典には当子孫の会会員他内外から約100名の関係者が集い執り行われ、記念碑、銘板は、一般社団法人万延元年遣米使節子孫の会から米国海軍へ寄贈されました。

その石碑銘板建立、除幕式典での写真集および、記念碑建立貢献者リストは以下からご覧ください。
記念碑除幕式写真集
記念碑建立貢献者