『万延元年遣米使節子孫の会・咸臨丸子孫の会 合同
桜寄贈100周年ワシントン桜祭りツアー』 報告会
◆ ツアー期間:
2012年4月11日〜16日
◆ 参加者:
遣米使節子孫の会:村垣正澄、宮原万里子、岩本美和子、平石慶子、吉田哲子、塚原辰二
咸臨丸子孫の会:小林賢吾、宗像善樹、宗像信子
現地合流:村垣孝会長、村垣妙子
◆ 行動概略:
4月11日、成田発11時05分 NH002便で、Washington, D.C. 11日AM10時40分着。 入国審査後、専用車で空港の隣に位置する航空宇宙博物館別館を見学する。
14時頃、Intercontinental Willard Hotelに到着。ホテル名物 Afternoon teaを取りながら、村垣会長より滞在中の日程説明を受ける。その後、ホテル内にある資料室で、Jim Veil総支配人よりホテルの歴史の説明を受け、我等先祖が1860年に投宿した当時を偲ぶ。夕食は自由行動。
 
4月12日、8時40分ホテル出発で市内観光に出かける。Navy Yard内に位置するU.S Navy Museumを見学する。同Yardは1799年に作られ、1814年には造船所が建設されており、遣米使節代表が同地に上陸しワシントン入りした思い出深い場所である。同造船所を見学し、これが後の横須賀造船所建設のきっかけになった事を思い起こすと感激した。(但し、私共は造船所を見学しなかった。)そして、現存最古の1837年の建物の前でご先祖様方と同様に記念撮影を行い、戦艦大和の船体の一部である鋼板の実物にビックリするやら、第2次世界大戦の米軍の軌跡を辿る資料館だった。
 
その後、国会議事堂、リンカーン記念堂、John F. Kennedyの墓地にお参りを済ませて、ワシントン・ハーバーにて昼食を摂る。午後にはジョージタウン街を散策。 そして、村垣孝会長が長年勤めておられた世界銀行ビル内を見学する。ここには300名を越す日本人が勤務しており、 世界の頭脳が集積した場所である事を実感した。夕食は、ホテルの隣に位置する1906年創業の「Occidental Grill」で楽しんだ。
4月13日、10時45分ホテル出発で、ポーハタン号が遡ったポトマック河のCrusingに出かける。12時から14時までのCrusingではあるが、当日は満席であった。昨日までの寒さも和らぎ、最高の快晴の下、ご先祖様が眺めたのと同じワシントンダウンタウンをポトマック河から眺めながら昼食を楽しみ、 またバンド演奏にあわせダンスを楽しんだ2時間だった。
この後、国会議事堂近くの航空宇宙博物館(本館)の見学をしてから、「伊藤若沖展」が行われているナショナルギャラリーを拝観した。 夕食は自由行動。
4月14日、本日は、今回ツアーの主目的である「桜寄贈100周年」の桜祭りJapanese Street Festivalの当日であった。午前中は、 アメリカ各州からの代表によるパレードが行われているのを、約2時間見学した。午後に、日米協会会長にお祝いを申し上げ、記念撮影後、 藤崎一郎全米特命全権大使ご夫妻にご挨拶を済ませた。各ブース並びにショーを楽しんだ。
 
夕食は、ワシントンでも有名なレストランである「Old Ebitt」にて、ツアー最後の会食を楽しんだ。
4月15日、12時20分発のNH001便にて成田への帰国の途についた。一行のうち、岩本さん、平石さんのお二人は、列車でニューヨークに向かわれた。
4月16日、15時25分 成田着。無事帰国し解散した。
今回のツアーは、152年前のご先祖様の軌跡を辿り当時を思い起こすと共に、我々自身がアメリカを更に理解し、現在の日米相互の親善に少しでも役立てる事を念じ、4日間を過ごしました。 ウィラードホテルは建設当時5階建のホテルで、今日では11階建に変わっていましたが、厳かな調度品とロビーの空間は使節団が、26日間滞在していた当時を偲ぶに十分な雰囲気をかもし出しておりました。また、14日の桜祭りでのアメリカ主催のパレードは、使節団がNAVY YARDからホテルまでパレードした往時を偲ぶに十分な雰囲気を持っておりました。今回のツアーは、村垣孝会長ご夫妻の素晴らしいアテンドで成功裏に終える事が出来ました事を改めて感謝申し上げます。